車 売却 タイミング

事故車を高値で買取してもらう方法

Just another WordPress site

車の売却のタイミングは3年弱です

読了までの目安時間:約 2分

車を長年乗り続けていると、愛着がわいてきていつまでも乗り続けたいと思うことでしょう。

しかし、車も寿命があります。とは行っても日本の車は耐久性が高く、今では20年くらいは十分乗ることができるそうです。もっともこまめなメンテナンスは必要ですが、それでも信頼性の高さは世界でも指折りといってもいいでしょう。しかし、車の世界は日進月歩で進化しています。20年も車に乗ってしまって乗り換えるときには浦島太郎状態ということがいえます。

 

もっと早いサイクルで車は乗り換えたほうがいいですし、より安全性や経済性を考慮した車に乗ることができるのです。それでは車を手放すタイミングですが、次の購入費も確保したいのであれば車の新車購入から、車検前の3年弱が一番のタイミングといえます。3年ですでに車の買取査定額は半値を切っている状態です。300万円で購入した車でしたら、査定額は150万円を切っているのが相場でしょう。しかし、ここから先はどんどん下がって7年目にはゼロとなります。

 

新車に乗り続けることを前提にした場合はこの3年毎の乗り換えが車の売却には一番のタイミングといってもいいでしょう。3年午後の買い換えが車の進化を肌で感じることができますから、売却には絶好のタイミングとなるのです。

事故車でも査定前に修理する?

読了までの目安時間:約 2分

事故車の場合の買取は車の状況によっても判断が分れると思います。自走もできないような状態なら無理に直すよりも廃車で決まりでしょうから、それほど迷わなくてもいいでしょう。それでも部品取りができたりして、買い取ってもらうことができるかもしれないので一応業者経由で手続きをしたほうがいいです。問題は事故車でも自走できる場合ですね。伝送系だけ修理して、外装も板金でなんとかなるというのでしたら、これは修理をしたほうがいいかなということになります。もっとも修理をするのは自分が乗るためであって、そうしたほうが車の売却時に査定額が通常通りになると考えたらそれは間違いです。
というのも車の査定ではスタッフは必ず事故車かどうか、修理歴があるかどうかは見抜きます。
ですから、査定前に修理をするのであれば逆にしないほうがいいくらいです。修理にお金をかけても業者のほうがその半分以下のお金で修理をします。ですから、査定前にしておくこととしては修理をしたのでしたら車の洗車くらいしかありません。不要な部品や内装などは全て取り外して購入時に近い状態にしておきましょう。また、マフラーも純正品に戻さないと買取ができませんおで注意しましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報